Top page  1/48
25
2017

レゴ

東京にディズニーリゾート、大阪にユニバーサルスタジオと来て中部はどうよって事で
満を持してレゴランドがやってきたがSNSとかでもあげられてますけど結構お粗末な感じみたいで
中々楽しめない。1回行った人は2回目はないなって言われるくらいの場所みたい。

中でも食べ物が悲惨だとか・・・
行った事が無いのでちょっとカチカチと検索してみると確かに悲惨な気がする・・・
画像を見るとクオリティーが低いのもあるけどなんと言っても値段が高いような。
イヤ高すぎる・・・ボッタクリだ!

そんな事言うとどこのテーマパークも同じようなものかもしれないけどココはって言う
一線があるもんね。許せるところと許せないところがさ。あきらかに超えてるもんね。
商売なんていかに100円の物を高く売るか買う側がその納得できる状況に持って行くか
ココが勝負所だし。

それはさておきそんな状況も影響しているのか客足が伸びなくて困っていると書かれていた。
隣接しているレストランも6年契約と言う話だけど撤退を決めてわずかオープンから2か月で終了。
早すぎる気もするが商売なので粗利がなければやってもしょうがないって事なんでしょうけど
売り上げも想定金額の1割だとか。

ウーン上手く言えないけどこういうテーマパークってワクワク感とか高いけど仕方ないねとか
そんな風に言ってもらえるようなテーマで作らないと次はない様な気もする。
USJやディズニーはリピートのお客さんが沢山いるし年間パスもそりゃ売れていると思う。
テーマも明確だしね。

それに比べてレゴ?ってなんだ?行く前から想像がつかないもんね。
大人はレゴランドは興味がないんぢゃないかな?子供でも誰もが通る道って言うものでもないし
好きな子は好きって言うような認識だし。

この場所にレゴランドを建設するなら
今、建設中のIKEAをここに持ってきて欲しかったと思う人も沢山いるのでは?
ひょっとしたら数年後にレゴランドも残念な事になってるかも。





にほんブログ村




スポンサーサイト

Tag:日記 レゴランド

23
2017

無理

CATEGORY小説
『最悪』『邪魔』そしてこの『無理』。
話の作り方は同じよなものでそれぞれの登場人物が転落人生を歩んでいくシリーズの
最終作で前2作とは全く話も繋がっていないので関係なく読める。

今回もどうしようもなくダメな人物が出てきて読んでいてこの落ちっぷりは何だろうと思うくらい。
最後と思って書いたのか今回は5人を交わらせて『無理』に仕上げている。
今の時代に読むと何となく紙一重なのかなって思う。人が一線を越えて落ちる時ってってのは
崩れかけた音は聞こえてないんだろうけど結局予兆はあってそれに気づくかどうかで
この作品の登場人物にピッタリの状況だ。

今の時代に底辺から這い上がって上に目指せる人間は一市民には結局『無理』って事を
コメディタッチで描かれている作品。

物語の最後で交わるって事はわかっていたけどこの交わらせ方はちょっと『無理』なのかも。
でもやっぱり奥田作品は文章がいやらしくて人間の感情を生々しくかけるところが好きだ。
そして読ませるこの作品もすぐに読んでしまいました。

面白い作品で小説ではあるけど娯楽物語だと思うと楽しいかも。今回で最後だけど
3作品の中では一番下かも読むなら『邪魔』でしょう。でもきっと読み終わると面白いと感じるから
『最悪』と『無理』も読んでしまう。そうさせるのが上手い作家。

やっぱり好きだな奥田英朗は。







にほんブログ村



Tag:日記 ミステリー小説 奥田英朗

22
2017

宅配BOX

CATEGORY家の商材
最近は配達の事が問題になっていて世間を騒がせていてそれは再配達の事はもちろん
料金の事や取り扱いの事で。調査によると再配達の確率はおよそ20%近くで
再配達になってしまうと配達の時間帯は各社よく似た時間帯になるので
CO2の問題や交通量の事、社員の就労時間にも影響してくると書かれている。

依頼する側も時間を指定したりしなかったり人によっては頼んだことも忘れてしまう事も
あったりと人それぞれだし時間指定していても居なかったりそんな人も沢山いるんだと思う。
送料を値上げしたり再配達は有料化を考え始めたりと色々な動きが出ている。

そんな中建材各社が最近押し出してくるのが宅配BOX。
留守中に荷物を入れてセットすれば捺印してくれると言う優れものでシャチハタが大体対応している
埋め込みの物から据え置き型・壁掛け型・解錠もダイヤル式からシリンダー式まで今はまだ出てないけど
そのうち指紋や顔認証まで出てくると思う。

公共施設だと設置費用も多少は補助が出るとか聞いた事もある。
これから戸建てを考えていたり外構を考えていたりする人にはちょっと考えてみても良いかも。
便利は便利だと思う・・・お互いにさ。それにそんなに高額なものでもないし。

でね一番コレにあたって思うのはイタズラです。
今の時代変な人沢山いるでしょ?ストーカーとかさ。そういった人が悪用しないか心配。
中に変なもの入れられたり、出すのは錠がかかっているけど最初に入れる人は自由だもんね。
それとやっぱり危険だと思うのは宅配BOXの中に商品が入っているとこの家は留守ですって
言ってるようなものだもん。入ってますって表示がでる訳だし。逆に空き巣とかそんな心配も出てくる。

今って自動で人がいるように照明器具が時間で点灯したりセンサーライトが点灯したり
はたまた防犯カメラが付いていたりとするけどそんな事をやるヤツは死角を狙ってくると
思うのです。なのでソコを一生懸命していても宅配BOXみて留守ぢゃんってなれば
堂々とやる事も出来るかも。

だってセキュリティーてイタチごっこもん。防ぐ人と破る人のさ。
そんな事言ってたら何にも出来ないから宅配BOX良いなって思ったらつけてみるのも良いかも。
でももう少しデザイン的に何とかならんかね?戸建てにつけるのは今のデザインはちょっと・・・ね。





にほんブログ村



Tag:日記 宅配ボックス パナソニック

20
2017

漫画

昨日会社でサラリーマンの話をしていた。
するとどういう訳だか漫画のお父さんの職業の話になり誰がどーとかこーとかって話になり
ちびまる子ちゃんのヒロシの職業が分からないと言う事になって調べてみると・・・
元々この漫画自体作者の自叙伝みたいなもので描かれていて本当は八百屋さんだったらしい。
だけど八百屋の設定にすると描写が面倒な為に何となくサラリーマン風に仕立ててあるって
書いてありました。

確かに漫画を見てても何やら土日は結構家に入る率は高いし
夜もそんなに遅く帰って来る様子もないそれでいて一家の大黒柱だ。
スーツを着ているイメージはない。

確かに商売を描くとなると漫画の中では面倒かも。
なるほどーってなり

ぢゃヒロシ違いでクレヨンしんちゃんのヒロシはどうよってなると何やら商社の営業職で
職業としてはサザエさんのマスオさんや波平と同じ様な職業だ。
マスオさんもヒロシも同じ係長だから年収も同じくらいかなーとか話していた。
でも波平は確か部長とかそんな感じだし年齢も上だからそれなりには貰ってるかも。

で、結局誰がダメだって話になって家族いるやつでって事になるとドラゴンボールの
孫悟空とベジータは最悪だ年収0円だよね彼らはさ。
地球は救うかもしれないけど仕事はしないもんね。物語の後半でブルマも言ってたもんね。
『この人全然働かないのよ』ってベジータ指差しながら。

でもベジータの所はブルマが稼いでるからお金はあるし暮らしぶりも上流家庭な感じだ。
孫悟空の家はちょっと小さいし田舎の方だしどことなく嫁のチチも結婚して随分と苦労したのか
老けた印象がある。孫悟空に至っては『金ならサタンに貰ってやっから』とか言ってたから
ある意味大黒柱としてはクズかもね。

漫画のサラリーマンも色々ですね。





にほんブログ村




Tag:日記 ドラゴンボール クレヨンしんちゃん ちびまる子ちゃん

19
2017

婚約

CATEGORY日々の事
秋篠宮眞子さまがご婚約と言う事で世間ではその話題でつきっきりでワイドショーも
賑わせている。皇族と一般人が付き合って結婚するわけだから・・・コレ大変でしょ男子の方は。

付き合ってる最中もこれ色々気にするよね?人の目とかなんか話し方とか俺良いの?とかさ
声をかけるには人生をかけて声をかけなきゃいけない様な気がする。
プレッシャーだわね。でも号外もでてるしやっぱり皇族の威力は衝撃ですよね。
芸能人とは注目度が違うもんね。デートとかもそりゃあ大変だ。

でもさ。もう婚約した訳だし今は付き合ってそれなりに年数も経って年も重ねてるわけだから
2人で色々今の事やこれからの事も沢山話し合ってるに違いない。

傍から見てる僕たちはお幸せにって言ってあげたい。

結婚式も普通のぢゃないから○○の儀っていうのが沢山あるから男子の方もこれまた大変だ。
全部終わって眞子様が一般人になられたらホッとしちゃうね。
やっと終わったーみたいな。中々経験出来ない事だから楽しんでやれたら良いかも。

その反面眞子様から見れば結婚してしまうと両親と合えないのがちょっと寂しいですよね。
もう少し柔軟に対処してあげて欲しいなとも思う。
皇籍を離れたとしても両親には変わりないし親からしても大切な娘なのには変わりないワケだし。
そう思うと少し不自由だなと感じてしまう事もある。

逆も同じだもんね美智子様や雅子様も両親と合えないもんね。

それも生まれた運命でもあり変えられようない世界なのかも。
とにかくお幸せにだ。





にほんブログ村




Tag:日記