FC2ブログ
Top page  1/76
11
2018

七・五・三

CATEGORY家族の事
先日、七五三に行って来ました。
娘チャン三歳です。

着物も買ってそれなりにオメカシして出かけました。
本日もお日柄もよく・・・と思っていましたが、いつでもどこでも我が娘チャンは
暴走気味で落ち着きもなく、お参りの最中騒いだりしないかなとドキドキしながら
宮参りと言う運びになりました。

それなりに時間もかかりましたが、特に問題も無くスムーズに行って何事もなく
お参り終了で・・・

待ち時間の時も他のお子様を見て、ピンクの着物が良かったと言い出したり
どこへ行くのか、『もう行く』とか言い出したりと相変わらずガサガサしてましたけどね。
まぁ三歳児はそんなもんか?と他の子を見てみると結構大人しいし静か(泣)

コレは遺伝か・・・と思うこともある。小学校の通信簿なんかもいつも一言
『集中力が無い、落ち着きが無い』と6年間書かれた僕ですからね。

帰りに写真を撮って帰ろうとしても、中々写真も撮影できず適当に撮影して帰ってきました。
ホロ苦デビューといった感じでしょうか?七歳の時はもう少しビシッとしてるかなと思う。

願望もこめて。

娘チャンの成長を見ていると早いなと思うし、自分もそれだけ歳を重ねているんだなと思う。
いつも思うけど、あとどれだけこの時間があって自分があとどれだけ生きていられて
なんて答えの無い考えを考えてしまう。

DSC01742.jpg





スポンサーサイト

Tag: 奥様 日記 七五三

06
2018

4K/8K

まもなく開始される4K放送。
認知度も以前よりは高くなってきて、チューナー内蔵のTVも発売されてきている。

コレ知ってると思うけど4K/8K放送はBS/110度CSだけで地デジはまったく関係ない。
そのままなんだよね。コレ一番注意するところで4K/8K放送を見ようとするとBSのアンテナは
右螺旋・左螺旋の両方で電波を回収するから、今のままぢゃテレビ買ってチューナー買っても
視聴は難しいのではある。その他ブースターやジャック、分配器などもそれらの対応品が出てるけど
ソレはなんとなく変えなくても見れるような気もする。分かりませんけど・・・

何度も4K映像は見たことがあるけど、確かに自然景色などを見ていると圧巻で2Kでは味わえない
モノがあってこれを見るならというか、興味があるなら買いだなと思う。

一方で地デジは、いままで通り2Kのままだから4Kで考えるとコンテンツが少ないのだ。
楽しんでいる人は居るだろうけど、我が家はBSがメインだもんCSがメインだもんって言う変な人達は
中々いないと思うしTVへの関心度は落ちてきてはいるけど、それでもまだまだ地デジがメイン。

早い話、2Kのままで十分だとも言えるけどTVを買い換えるならワザワザ2Kパネルを買わなくても
いいのかなと思う。今って価格差そんなに無いし。
そんな事を考えている我が家の11年前の液晶テレビはもう壊れる寸前・・・とういか壊れている。
時折映像がブレ出したりドットが点滅したりしているので買い替えたいとも思う。

でもさ、今買うならチューナー付が良いなと思っていますが大好きなSONYの中には
ラインナップが無くてアナウンスもされていないから、発売予定も無いのかなと思ってます。
パナソニックも今は無いけど、来年早々新機種には搭載しますとアナウンスしていてパナソニックを
待っている人には朗報なのかも。

ダラダラ書いちゃったけど、4K/8Kを見るためにTVを買い換えるのはマニアしかないし
その為に買い換えるのは勿体無いと感じるしお勧めではない。コンテンツがもっと豊富なら良いけど。
壊れて買うならありだけどね。後、ちょっと思うところもあって、ここは真剣に悩むところで・・・

今のパネルは液晶か・有機ELのどちらかになってくるんだろうけど、2K見るなら液晶でもありかなと思う。
有機ELは2K見たときの画質はそんなに好みではない(あくまで個人的な感想だけど)
もちろん4K/8K見るなら有機ELだけど。

その辺は良く見て考えて、自分の好みに合ったものを買うのが一番良いと思う。
僕もその辺はちょっと迷っています。

今は、8Kパネルはシャープから出てるのかな?たしか。今のところ最後はそこかな。
テレビ放送に関心が遠ざかっている国民がテレビに戻ってくるのは難しくてソレのテコ入れとも思うし
結局、今は色んな娯楽があるからそれだけぢゃ無いから中々ねーとも思う。
メーカーさんやNHKには悪いけど。3Dが普及しなかったのもそこだし。

我が家のテレビどーしよーかな。






Tag:パナソニック SONY 有機EL 液晶 4K 8K

15
2018

永遠の0

CATEGORY小説
永遠の0。
映画化もされてドラマ化もされて、ド級の話題作でそもそも何故に今まで読まなかったか?
単純に百田尚樹って人があまり好きではないから。小説家としてではなくて、人間的に。
最近はテレビで見ることがあまりなくなったけど、少し前まではコメンテーターなどで
良く出演していて過激発言などで騒がせる時もチラホラと・・・

そんなこともあってあまり好きではなかったんですけどね。
やっと読んだ感じの本で。

戦争を題材にした本で作中にも実際にいた人達の零戦のパイロット、いわゆる撃墜王と
呼ばれる人が沢山出てくる。戦争を知らない時代の僕にはとても斬新で知らない事も
沢山あって知る事も出来て、当時の日本がどういった事を考えていたのか?
また、どういう状況の中での戦争で雰囲気であったのかを良く表現してあり
そこに触れる事によって人物像を強く表現できる事もあって面白い。

作家は嫌いだけど本は面白い!結論的にはそこにでる。
この作品が映画化された頃、テレビに出演している時に僕の事なんかどうでも良い
単純に作品が面白かったらそれで良いんだもん。本も映画も。と話されていたのを覚えてる。
まさにソレ。

戦争時代のお話なので作中の出来事を、語り部で描いている事に対して賛否両論は
あるんだろうけど、それは小説だから気にせずにただ楽しめたらそれで良い。
そう感じさせる作品でもあって当時の撃墜王の事なんかも少し気になり調べてみたり
特攻隊を調べてみたりと戦争にも興味は出てくる。

そんな中でも物語りもしっかりと作りこまれていて歴史を辿って最後の糸を掴んだ時の
読み手の気持ちは読後やっぱり感動してしまう。ものすごく上手く作られた作品でまた戦争と言う
時代の背景も上手く後押しして楽しめる作品。

主人公、宮部久蔵はキャラクターが静かではあるけど、信念があって強く優しくそんな人間が何故
特攻に行ったのか最後まで気になる作品でページをめくっていくのが楽しくなるそんな本。







Tag:小説 永遠の0 百田尚樹

24
2018

大仏

CATEGORY家族の事
先日奈良公園に行ってきた。
・・・がしかし行くとすぐに雨が降ってきて、コンディションが最悪。
おまけに僕のお腹は下痢で激痛。

奈良公園と言えばシカ&大仏と言う事で、もっと遊びたかったけど天候は悪天だけど
何だか懐かしい・・・大仏なんかは何年ぶり?かと思うくらい懐かしく、シカと遭遇するのも
久々な感じで東大寺も落書き問題があったりとかで、警備員もそれなりに沢山いましたね。

昔はそんなにいなかった気もする。

到着するなり鹿せんべいを買って奴等は鋭いので、人がせんべいを買うと群がってきて服とかも
パクパクと引張るし、せんべいに向かって口を伸ばしてきて超人気者になってあげる暇もなく
奥様にせんべいを渡しました。暫くなくなるまで奥様はシカの群れに追いかけ回されていて・・・
あとから怒られたのは言うまでもない・・・

そんな事を見て笑っていると、意外に怖がる事もなくシカさんと仲良く何やら密談している娘チャン

DSC01693.jpg

ちょうど本堂に入ったくらいで大雨になってしまったけどあきらめてダッシュで
大仏殿に着くとやっぱり大きくてなんしっかり立派。

DSC01700.jpg

仏像も、もちろん当時のものではないから以前と比べてイケメンにはなっているのかな?
何回か作り直しているもんね。でもさこういう文化財に落書きをするってなんだろうかね?
その感覚が良く分からない。モラルの問題だよね?
いくら待ち時間が長いからと言って柱に落書きしたりするなんて意味が分からん。

キチンと待って娘チャンも鼻の穴にチャレンジ。

DSC01704.jpg

当然だけど楽勝。結構大人の方でも足をバタバタさせながらやったりして通っていたから
僕も・・・と思いましたが奥様に無理やろと・・・普通に。
まぁそうだけど・・・でも奥様は間違いなく通れたなと思っている僕。
恥ずかしいとかでやりませんでしたけど。

昔は何やら通り抜けるとご利益があるとか言われてましたよね?
頭が良くなるとか無病息災だとか、でも実際は何にも表記されていないので特に何も無いんだろうとは
思うけどなんかここに来ると穴を通って帰りたくなる。

小学校の修学旅行は楽勝で通れましたけどね。






Tag:日記 奥様 奈良公園 大仏 鹿

17
2018

CATEGORY家族の事
星野リゾートに行ってきました。
星のやは高いのでとりあえず界へ。
場所は本当は静岡の方に行きたかったけど、娘チャンもいるのでそれなりに近い加賀へ。

奥様は以前から星野リゾートに宿泊してみたいと言う事だったので、チョイスしたんだけど
なんだかブランド化している様な感じもして、ちょっと僕的には少し距離をおいていたんだけどね。

が・・・しかしそれなりのブランドと言うより、おもてなしや気遣いがすばらしく、とても良いホテルでした。
すべての行きかうスタッフがその日の宿泊のチビスケは娘チャンだけだったらしく名前を覚えているのを
感心して待った。それだけではなく、子供だからと言うような扱いはなく、サイズが合うまで子供用の
パジャマをスリッパを時間がズレても娘チャンだけに紙芝居をと・・・などなどオモテナシが凄い。

DSC01647.jpg

さすが星野リゾートと言っても良いほどだ。
部屋もお洒落でさほど広くは無かったけど、満足できるものだったし多分、星野リゾートは
どこに言ってもハズレは無いんだろうなと思う。

DSC01646.jpg

一言で言うと安心。
露天付きの部屋なので外の景色も満喫で・・・

DSC01645.jpg

ちなみに夜ご飯を食べてから加賀の場合は、獅子舞が披露されたんだけど口をパクパク凄い音をさせながら
舞台に入ってきて娘チャンは『怖い~』って叫んでましたけど見ている人から笑われて。
そのあと『おうち帰る~』って叫んでまた笑われて。

今でも獅子舞さん怖いのって言ってます。
この地方はやたらと月のうさぎが表現されています。
ソレはツキ(運)を呼ぶうさぎと掛け合わせられているようで、ホテル内にも所々でうさぎを
お見かけしましたね。

DSC01659.jpg

奥様も満足だったようで、よい家族サービスが出来たなって思ってます。
コレ余談ですが、旅行に言ったのは9月3日で台風が近づいている最中で次の日の4日は
台風とすれ違いで暴風雨の中、高速乗って車で帰りましたが女子チームは車の後ろで
口開いて寝てやしたぜ。

ハンドルも取られるし怖かったけど無事に帰って来れましたが・・・
翌日会社に行くと停電で一切何も出来ず、しかも更にその翌日鬱になるほど何が壊れた、無くなった
破損している、テレビが映らないなどなど依頼が狂ったようにありその対応に追われている僕です。

星野リゾートはまた別の場所にも行ってみたいなと思わせるホテルで機会があれば是非とも。





Tag:星野リゾート 界加賀 旅行