FC2ブログ
27
2017

VR

CATEGORY日々の事
24時間テレビが始まってますが、今年はランナーが誰だとずっと話題になってましたが
結果は『ブルゾンちえみ』でしたね。冒頭ずっと番組を見てましたがうっとぉしい程引っ張る。
見ている側はウンザリでしたが、発表された時は特に驚きもなくフーンって感じで
チャンネルを変えましたね。

そもそもランナーはもちろんこの番組自体も、マンネリ化してそれほど見たいとも思いませんが
冒頭少し見ていたコーナーで視覚障害者の方のコーナーがありました。
障害者の方がギターを弾き一青窈が歌う括り。

このコーナーで僕は知らなかったのですが、視覚障害者の方でもVRを使えば裸眼よりも
強く色や形を認識できる場合があるので、全盲でなければ試してみる価値はあるという事を
テレビを通じて教えてもらい、そんな使い方があるのかと個人的には衝撃的でした。

もちろん視覚の障害なんてのは十人十色な訳で、度合いにもよるしその人にもよる訳だけど
少なくともテレビ出演されていた方は見えていたようで、すごい技術が出てきたものだと感心したし
そんな使い方があるんだと、考え方も見る角度も変わったので勉強にもなりましたね。

出演されていた方は、初めて子供の顔をVRを通じてみることが出来て、涙を流しながら幸せですと
語っていて僕も素直に良かったなとも共感できた。もちろん健常者みたいにはっきり見えてる訳ではないケド
それでも涙を流せるくらい感じる事が出来たのは、視聴者側からも素直に
本当に良かったと思うし幸せだと思えた。

VRなんて僕の今までの認識は娯楽製品だと思っていたし必要も無いなと思っていた。
あのデカイ、ゴーグルをつけて立っている自分を想像すると、少しマヌケなイメージもあって
欲しいとも見たいとも思えなかったんだけど、そういう風に使えるのだったらもっと技術力をあげて
違う何かのきっかけになればと思う。

面白い噂話があって、VRもそうだけど歴代のビジュアル製品・・・
例えばVHSとかLDそしてDVDやBDまた3Dなど、これらの登場もしくは普及の裏側はAVのおかげだとも
言われている。少しエロイお話だけどより鮮明にリアリティにそしてより良い音声でって言う追及の中での
技術の進化があったとも。あくまでも噂話ですが・・・

それはさて置き、冒頭にチラッと見た24時間テレビの1コーナーは感心させられたけど
24時間テレビ自体あんまり好きではないので、その後は見てません。
昔はそういう障害者をピックアップするのは1コーナーぐらいだったけど、最近ではほとんどそんな感じで
推しつけられている感じがしてあまり好きではない。

なので申し訳ありませんが、今の年齢だと僕はあまり好きにはなれません。
もっとも、もっと年齢を重ねたら好きになるのかもしれません。

子供の頃、国会中継が睡眠薬だったのに対し今ではそれほどつまらないと思わなくなったように。





にほんブログ村



スポンサーサイト

Tag:日記 VR 24時間テレビ

0 Comments

Leave a comment