FC2ブログ
09
2018

孤狼の月

CATEGORY小説
孤狼の血。
今年映画化される作品で、出演するメンバー見ても恐ろしい程の豪華メンバーで、当たりそうな作品で
期待してしまう。そんな話題作を先に読みたくて原作をチョイス。

直木賞の候補にもなったくらいの作品だから読み終えるとアッと言う間に読み終えてしまった・・・
初めて読んだ悪徳警察官とヤクザが絡み合う、少し前の昭和の時代を彩った作品ですが
メインの大上と日岡のコンビは、黒白両極端で考え方が面白くそれでいて後半は物語の中に2人の
行動と考え方が一致しまた絡み合うヤクザとの駆け引きも読みごたえがあって一気読み必至。

ヤクザとの駆け引きも物語を面白くしているのは間違いないんだけどこの本の
タイトル通り1人の狼の血を受け継ぐ為までのストーリーを、硬派に格好よく表現してあるのが
読んでいて気持ちいいし読者の関心を惹きつけるのが良くて夢中になる。

悪徳警察官の金字塔って表現しているけどまさにその通りで。

間も無くその後の続編『狂犬の眼』が刊行されるみたいだし楽しみな1冊。
それにしてもこの作品が受賞している日本推理作家賞って調べてみると最近読んだ
『土漠の花』も受賞していて過去の受賞作品見ても満足度の高かったものが多くて
今更ながら注目してます。本屋大賞は微妙な作品もあるしね。

間違いなく良作で面白かったです。







にほんブログ村



スポンサーサイト

Tag:ミステリー小説 日記 柚月裕子 孤狼の血

0 Comments

Leave a comment