29
2018

流し台コーキング

CATEGORY家の事
久々におうちネタ。
我が家も住んで1年半くらいですが、入居当初から色々気なるところは多々ありますが
今回の流し台廻りのコーキングもそれの一つ。

で・・・今回仕上がりが悪かったのと左側がヘタクソなので切れてきているとのクレームが
奥様から入り、プロ(自称)の僕が打ち替え致しました。

現状はこんな感じで↓
前

ヘタクソだととにかく隅の仕上がりが汚い。ガタガタでムラもあるそれでいて流し台なんて
毎日使うものだから水はもちろん、油も日常の汚れも沢山出てくるのでソイツ達が
そのムラムラ・ガタガタに滲み残念な事になってくる。(変色は仕方ないけど)

左側の隅のキレはこんな感じ↓
前2

壁面側の多少の痩せはあるんだろうけどそもそもがヘタクソ(素人か!)
マスキングも真っ直ぐぢゃないし記事を書いていると更に文句が吹き出てくるので程々にしますが・・・
そんな事もありコーキングを除去してマスキングをしていざ打ち替え・・・

じゃーん↓
あと

じゃじゃーん↓
後2

スゲー綺麗になりました。綺麗に施工するコツはマスキングを真っ直ぐに丁寧に貼る事と
コーキングをした後に余分な量を除去しますがそこで時間をかけて何度も触らない事がコツ。
流し台の取り付けなんて誰がしても商品が同じならばさほど違いは無いけど
コーキングは仕上がりが違うしリフォームしている人間からすれば一番目に付くところでもある。

僕が思うにどんなに良いキッチンを入れてもコレが残念だと非常に残念に感じる場所でもあるかな。
経年で汚れや仕上がりに気なる方は打ち替えても良いかも。
スッキリしますしね。




スポンサーサイト

Tag:日記 奥様 流し台コーキング

0 Comments

Leave a comment