FC2ブログ
02
2018

スギ。

先日、スギについて記事が載っていたので興味深く読んでいた訳だけど・・・
政府が言うには現在のスギの花粉より、花粉量を1%以下に抑えるようなスギだとか
無花粉のスギを植林していった結果、過去11年間で60倍にもなったんだとか。

それで・・・?

個人的に花粉症重症患者の僕としてはそれで・・・なのだ。
結局、人間が花粉が減ったなって思えるような体感が出来るのは、いつの話よっていうことになる。
更に理屈が良く分からないのだが
『スギ苗木の生産量全体に占める割合は3割にとどまり、32年度までに7割にする目標を掲げている』

つまり今でも残りの7割は普通のスギを生産していてるって事でしょうに。
それだと増えてるし。(コストの問題だろうけど)

そもそも考えてみると、戦後の焼け野原となった日本を立て直す為に造林として
スギを選んだ結果で、当時は建築資材としても価値があったけど、今はスギもそれなりに高額で
誰も業者は使いたくない為に、建築資材としてはスギの需要はなくなってきている。

かといって伐採なんぞコストがかかって余計に誰もしないし。
スギは二酸化炭素の吸収量が多いため地球温暖化防止にも役立っている訳で
他のヒノキやカラマツ、クヌギとは比べ物にはならないので国がコレだけ花粉症と騒いでいても
スギにこだわりを持つ理由も分かる。

となると今、植林されているスギはもはやどうしようも無い。
自分達が植えたものに対しては自分達が使うしかないって事だけど。
国産スギを使った者には補助金を出すと言っている政府だけどそんなに上手くいくもんだか。

結局、記事を読んで考えたのは僕が生きている間は『花粉少なくなったぜー』
なんて感じる事はほぼ無いなと思うところでした。

何だか残念な話だわ。
そのスギの反面、花粉症関連のアイテムの経済効果は500億円とも言われているワケだから。
花粉症が無くなったら、それはそれで経済的には大ダメージだもんね。






スポンサーサイト

Tag:日記 花粉症 スギ

0 Comments

Leave a comment